日産 期間工 トリム

日産期間工が嫌がるトリムについて

スポンサードリンク

日産の工場には、トリムと呼ばれる工程があります。

 

このトリムとは「組立」のことで、自動車がラインに乗って流れて行くにしたがって、タイヤとかガラスとかミッションなどが組み付けされていく工程のことです。

 

よく自動車関連のニュースが流れると、メーカーの工場で自動車が組み立てられているシーンが流されますが、そこに映し出されている工程はなぜかトリムであることが多いです。

 

トリムは日産期間工なら誰もが恐れる仕事のようで、入社日が同じだった期間工(何度か日産で働いている人)は「トリムだけは絶対にイヤ」だと首を振っていました。

 

スポンサードリンク

 

 

トリムの仕事は期間工や正社員それぞれに役割が決められており、自分のところに車が流れてきたら、インパクトレンチで担当する箇所のネジを締めます。

 

トリムで行う仕事はたったこれだけなのですが、想像している以上に辛いのです。

 

まず、ラインの早さに身体がついていきません。

 

色んな体勢でネジを締めますから、慣れないうちは、腰や肩や膝など身体のあちこちが痛みだします。

 

ほとんどの期間工が経験するというバネ指(指の腱鞘炎)の症状も、組立では現れやすいです。

 

私が所属していた配属先も仕事がきつかったのは確かですが、組立もそれ以上に大変そうに見えていたのは事実です。

 

スポンサードリンク

日産期間工が恐れるトリムとは?関連ページ

きついイメージは本当か?
日産期間工(期間従業員)のきついイメージについて。日産期間工の激務と辞めることに関して。
延長したいと言う前に…
日産期間工の延長に関する私の失敗談について。日産期間工の延長や更新時にやってしまった私のミスを掲載しています。