健康診断のバイトの評判と口コミ!心電図をとってまわった体験談を公開

スポンサードリンク

健康診断のバイトの体験談です。

 

私は以前、近くに健康診断施設がない、田舎の学生の健康診断の心電図を取ってまわるバイトをしていました。

 

学生といっても、幼稚園、小学校、中学校の学生さんです。

 

健康診断のバイトは、コンビニやスーパーがほとんどない田舎の学校を、私と年配の女性2人で、心電計を軽自動車に乗せて毎日訪問していました。

 

田舎の学校といえども学生が少ないわけではなく、中学校では数百人の心電図を取らねばなりません。

 

また、1日にその学校だけというわけではなく数校をとって回ります。

 

健康診断のバイトは、学校側との訪問時間の約束もありますし、グズグズしていても間に合いません。

 

また田舎なので、学校から学校までが離れており移動時間も考えなければいけません。

 

スポンサードリンク

 

健康診断は、いかに効率よくとっていくかが大変でした。

 

心電図は、患者にベッドに横になってもらい、胸に吸盤を貼り付けて行う検査です。

 

幼稚園生や小学校低学年ならあまり気にしませんでしたが、小学校高学年生や中学生と思春期になると女子生徒はもちろんのこと男子生徒の中にも、人前で服を脱ぐことを嫌がる生徒もいます。

 

その生徒をいかに早く服を脱がせ、ベッドに横になってもらうか。

 

また、男子生徒に多いのですが、ベッドに寝ても落ち着きがない生徒や、暴れたりしてなかなか思うような心電図波形が取れない人もいます。

 

そういう生徒をいかになだめて取るか。

 

など、いかに1人にかける計測時間を短くするかを工夫しました。

 

まず10人ほど1列になって並ばせて、先にカーテンで別部屋を作りすぐに検査できる状態になってもらいます。

 

男子生徒は上半身裸に。

 

女子生徒は、ブラジャーのホックを外して上着をきた状態で待機してもらいます。

 

あとは、おしゃべりをしないで、なるべる静かに待ってもらいます。

 

現在は健康診断のバイトはしていませんが、同じ心電図検査をする職場に就職しております。

 

1日に何百人を検査するというこの経験は、現在でも活かされていると思いますし感謝しています。

 

スポンサードリンク